2013
10.13

良い1日

Category: チャリ屋
昨日は、仕事前にコース整備に

行くと一番乗りで選手が居て、

整備を始めると選手はプロ級の腕前で

重機を操りコース整備をしてくれました。


整備を終え店に戻り仕事していると、

広島出身の方のマーシーが来て、

その後しばらくしてD氏が来店。

3人でがんこもんに行くもバイト君。

案の定、バリカタで注文したのに

麺はふにゃふにゃ、スープは

全く別物で不味すぎて、その時はちょっと

ウケましたが、夜になり油断した瞬間に

逆流しかけたので、マジで勘弁して

ほしいなぁ。


で、チャリ屋に戻り2人が帰った後、

長い事会っていなかったドンブリマンが

現れました。

相変わらずなドンブリトークを交わした後、

彼は消えました。


その後、ラッシュが訪れ、卸屋が

間違えて色違いが入ってきていた

フロントサスペンションの正解の方の色が

やっと届いた!と思ったら

普段見慣れない運送屋が、その待ちに待った

ブツを地面に落としたので、

おばあちゃんとか普通のお客さんが

居る前で、思わず罵声。

マジで勘弁してほしいなぁ。


で、さんざん待ってもらっていた

K氏のチャリをK氏本人に見守れながら

仕上げていると、ザ・ヤンキーな

いかにもなセットアップを

着た同級生T氏が来店。 

聞けば、いかにもなセットアップは

大名のアディダスショップで

購入したらしく価格はいかにもな柄の

ジャージなのに上下で五万オーバー!

しかし、柄と価格の驚きよりも

いかにもなセットアップのデザイナーは

80年から90年代のヒップホップカルチャーを

代表するジェレミー・スコットという

デザイナーなのに、T氏がヒップホップは

大嫌いという事の方がウケました。

そんな、いかにもづくしな彼に

いつかチャリに乗せるのが夢

チャリ屋です
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aricycle.blog.fc2.com/tb.php/783-713c628c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top