2016
09.19

スタンドが無い自転車の立て方

Category: チャリ屋
今日は、スタンドが無い自転車の立て方のコツを

ご紹介したいと思います☆

出先で駐輪や写真撮影をする際にスタンドが

無くてお悩みの方は参考にしていただければ幸いです。



歩道の縁石や40㎝くらいまでの段差や岩等を使った立て方で、

少し自転車を傾けペダル後方に回し段差に当てれば、

車体が倒れようとする力をペダルが漕ごうとする力で

押さえ込んで、しっかり自立します。


もし段差等が無く壁や柱しか無い場合は、

後タイヤやサドル等、動かない部分を

壁や柱等にあて、すぐに倒れないか?を

前後左右に動かして確認してください。

よくあるダメなパターンは、ハンドルのみをあて

立てようとする行為で、何10人もの方々から

倒して傷を入れてしまったとか、フレームが

凹んだとか耳に入ってきているので、

皆さんハンドルのみあてて立てるのは

「ダメ絶対!」と覚えておいてくださいね。

如何なる状況下でもスタンド無しで立てる際は、

前後左右に動かして大丈夫なら大抵大丈夫だし、

ギリギリ立つような状態では倒れて当たり前なので、

立てた後の動かしてのチェックが何よりも

大事なのだと覚えていただければ、悲劇は

おきないはずですよ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aricycle.blog.fc2.com/tb.php/1380-b502f10a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top