FC2ブログ

カーボン→アルミ→クロモリ



こんにちは。

カーボン→アルミ→クロモリと時代の流れに逆行して

マウンテンバイクを乗り換えているチャリ屋です。

今日は何故私がクロモリフレームを愛するようになったのか

その経緯をご紹介します。


生まれながらのチャリ屋なので、マウンテンバイクには乗っていた事が

ありましたが、ちゃんとマウンテンバイクに乗ろうと初めて跨ったのが

カーボンフレームのクロスカントリー系ダブルサスペンション車で

最初は街乗りメインで広島まで自走で行ったり林道を走る程度で、

サスペンションもよく考えられたもので無駄にへコヘコ沈むようなものでも無かったし

今考えてもそういった使い方をするには調子が良いマウンテンバイクでしたが、

山を走る楽しさを知ってしまってからは、街より山を走る事が多くなり

ある時乗っていて異変に気が付くとフレームにクラックが…。


そこでアルミフレームのマウンテンバイクに乗り換え、その後も

色々な山へ走りに行きまくり、遂にいつも走っているアノ山を発見!

その後もそれ以外のまだ見ぬ山へ期待をしつつ様々な山へ

入山しまくるもアノ山へ勝る場所は皆無でした。

こんなに近くの山が一番楽しいなんて灯台下暗しだなぁ。なんて

感じながら山チャリ遊びを楽しんでいたのですが、しばらくしてから

漕ぐ度にガキッガキッとボトムブラケットがやられた時に出る

特有の症状が出たのでボトムブラケットを交換しようとパーツ発注をかけるも

卸屋さんからパーツがいつ入荷するか分からないとの返答。


すでに山チャリ遊びに憑かれてしまって山を走りたいという欲求を

抑えられない状態になっており、当時は軽くて太いフレームが格好いいと

思っていたのでアルミフレームのモノに乗りたかったのですが、

その時(今もですが…)金銭的余裕も無かったので、たまたま卸屋さんが

安売りしてたクロモリダブルバテッドのフレームにパーツを移植し

乗り換えたところ…。

超がつくほどキツかった登りもクロモリ特有のしなりでグイグイ登れるし

下りもちょっとしたリアサスペンションがあるようなフィーリング。

なんなんだっ!?この気持ちよさはっ!!!

と山チャリ遊び同様にクロモリフレームの魅力に憑かれてしまった次第です。


もちろん、その時よりカーボンもアルミも技術が進歩しているので

その頃のモノとは全く違うものにはなっていますし、レースとなれば

どうにでも加工が出来るカーボンフレームがベストだと思いますが、

独身時代に年300回以上山を走ったりしていた私からすれば、

ハードテール(フロントだけサスペンションがあるマウンテンバイク)

に限れば、登り、耐久性、価格面、身体の疲れにくさなど

トータルで考えるとクロモリフレームに勝るモノは無いでしょう☆

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ビビビ

Author:ビビビ
ありむらサイクル

〒811-4233
福岡県遠賀郡岡垣町野間2丁目8-7

TEL
093-283-1556

FAX
093-283-1557

営業時間 
平日10:00~19:00
日曜12:00~19:00

店休日 
毎週水曜日

メール
arimura@mocha.ocn.ne.jp

オススメ音楽
音楽を試聴|Music PlayTableランキングPLAYTABLE
最新記事
最新コメント
Twitter
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
月別アーカイブ
ブログランキング
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR